肌バリアについて

皮膚は、三層の構造で成り立っています。
その三層とは、表面の方から表皮、真皮、皮下組織と呼ばれる肌組織です。
皮膚は全体を通した厚さが大人で約2mmといわれています。

一番外側に位置する表皮は極めて薄い組織で、約0.2mmしかありません。
表皮は複数の層に分かれていますが、表面は皮膚膜で覆われ、「角質層」「顆粒層」「有棘(ゆうきょく)層」「基底層」という層で構成されています。

皮膚細胞は、一番下の基底層で生まれます。
それが、外側の角質層に向かって成長していくことで、古い細胞が表皮の角質層を形成します。

この角質層を形成している肌細胞は、基底層から上部へ移動してくる際に細胞としての機能を失い、ケラチン線維だけになっています。

セラミドは、この角質層の細胞をつなぐために、接着剤のような役割を果しているのです。

角質層の表面には、皮脂が薄い膜をつくっています。
皮脂膜と呼ばれるこの膜は、細菌などの異物が外部から侵入するのを防ぎ、肌の水分を抑制して保湿する役目を持っています。
この機能が皮膚のバリア機能と呼ばれるものです。

皮脂膜は一次バリアとしての役目を果しますが、二次バリアとしての役目を果すのは、
表皮の角質層に存在する細胞間資質です。
ここに存在するのがセラミドです。

角質層は外側から徐々に剥がれ落ちていき、新しく角質層が生成されます。
と同時に、基底層で新しく細胞が生まれるというサイクルが繰り返されるのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇———————————————————-
おすすめのセラミド 美容液関連サイト
セラミド 美容液人気ランキング!~おすすめのセラミド美容液:セラミド配合美容液のおすすめ製品がランキングで紹介されています。

Next page →